h2_guide.jpg

横浜市青葉区荏子田の歯医者さん ひらやまデンタルクリニック 診療案内

 

矯正歯科

 

◇◆ムーシールド◆◇

kyousei_mushirudo.jpgマウスピース型の顎の矯正装置です。3歳児健診で、反対咬合を指摘された低年齢児の早期初期治療に、使用します。 就寝中に矯正装置をくわえるだけなので、小さなお子さんに対しても小さな負担で矯正ができます。 筋機能を正常化させることで、咬合の乱れを整えるというのがムーシールドの考え方です。

 

◇◆エシックス◆◇

kyousei_eshikkusu.jpgワイヤーを全く使わない新しい矯正法です。 まず歯型をとりマウスピースのような透明な装置を作成します。 その装置に細工を加えて口の中に装着することで、歯を移動させる力が発揮されます。人前に出る時、食事の時などは一時的に外すことも可能です。 例えば、1ヵ所だけ捩れた歯を直したいといった、いわばプチ矯正に向いています。費用も比較的値段を抑えることができます。(\63,000~)

 

◇◆デイモンシステム◆◇

kyousei_demon_bimura.jpg痛みが少なく、従来の矯正装置に比べて快適です。ワイヤーと装置との間に生じる摩擦力が従来のものに比べて600分の1に軽減されているため、弱い力で歯が動きます。 また歯が動く時間、処置に必要な時間が短縮されます。 デイモンシステムを用いることで抜歯せずに矯正を行えるケースが多くなっています。

 

◇◆ビムラー装置◆◇

kyousei_demon_bimura.jpg夜、寝る時だけ装着する事で、矯正できる 装置です。人に気付かれる事無く矯正できてしまいます。ドイツで開発され50年以上の 歴史があります。顎を拡げて歯を並べていく装置です。学童期が最も適していますが、 大人でも使用可能です。この装置の特徴は、とにかく痛みが殆んど無く、快適な事です。 寝ている間に口の中を適度に刺激するので、唾液の分泌も増えて口腔内の衛生状態が、 改善します。一言で言えば漢方薬のような矯正装置で殆んど害が無いのでお勧めです。 弱い力で少しずつ動く事と、夜だけはめる事で動くので無理に動かさない(無理には動 かせない)ので、後戻りが殆んど無い事も特徴です。また、3次元的な装置なので、 1つの装置で上下の歯を同時に矯正し、いわゆる出っ歯や受け口 などの前後的な上下の 顎の位置の異常も改善することができるすごい装置なのです。

 

 

― 改善例 ―

◆歯列矯正 デイモンシステム①

kyousei_demon1-1.jpg矯正開始時(1本も抜歯していません。)

 

kyousei_demon1-2.jpg半年後の経過(歯の重なりが無くなっているのがわかります)

 

kyousei_demon1-3.jpg矯正終了1年後の状態

 

 

◆歯列矯正 デイモンシステム②

kyousei_demon2-1.jpgAさんのケース
前歯の真ん中の歯が1本しかない様に見えます。(普通2本ありますね。)

 

kyousei_demon2-2.jpgAさんのケース
3ヵ月後、抜歯せずに自然に矯正されていってるのがわかります。

 

kyousei_demon2-3.jpgAさんのケース
6ヵ月後、並んでしまいました。普通の矯正法ではありえないでしょう。

 

 

◆デイモンシステム③

kyousei_demon3-3.jpgBさんのケース
矯正開始時、の状態です。

 

kyousei_demon3-3.jpgBさんのケース
7ヵ月後の状態です。この方も抜歯していません。

 

 

◆デイモンシステム④

kyousei_demon4-1.jpg矯正開始時、の状態です。

 

kyousei_demon4-2.jpg6ヵ月後の状態です。

 

 

◆デイモンシステム⑤

kyousei_demon5-1.jpg矯正開始時、の状態です。

 

kyousei_demon5-2.jpg1年後の状態です。

 

 

◆歯周病→移植→デイモンシステム矯正

kyousei_shisyu-demon1-1.jpgEさんのケース
レントゲンで、特に上の奥歯の根の周りが黒くなっているのがわかると思いますが、黒い部分は歯周病で骨が溶けた部分、根の先端の周りの白い部分が、残った骨の部分です。はっきり言って、末期的歯周病の患者さんです。奥歯は、上下ともグラグラとても噛めない。歯ぐきが全部腫れているのでものすごく、敏感になっていて、ちょっと水がかかっただけで、飛び上がるほどしみていました。
 一般的な、歯医者さんにかかっていたら、すぐに上は5~8本、下は3~5本抜いて入れ歯になっているでしょうし、運よく、歯周病を根気良く治療する先生にかかれても何ヶ所も手術して、治療期間も一通り終わるまで、1~2年はかかったでしょう。
この方は、初診で来られたその日から、除菌を始めたのでその運命は大きく変わりました。2~3日で、しみるのと、グラグラで噛めなかったのが、改善して、それこそ、日に日に良くなっていったそうです。あとは、歯の根の周りの掃除をして、2ヶ月位で歯周病は落ち着いてしまいました。

 

kyousei_shisyu-demon1-2.jpgEさんのケース
歯周病でグラグラなせいで、歯が動いてしまって、ガタガタになっています。左上の一番奥の歯は(写真の向かって右)口をあけるとずり落ちて来る状態で、抜くしかなかったので、左下の親知らずを(右の血の出ている穴が抜いた跡)ここに、移植しました。

 

kyousei_shisyu-demon1-3.jpgEさんのケース
歯周病が落ち着いた後、噛み合せがガタガタで、そのままでは、歯軋り食いしばりで、また、ダメになってしまいそうだったので、(普通、これだけの、歯周病だと、途中で抜けるのが怖くて矯正は できないと思いますが)デイモンシステムなら歯への負担が少ないので、歯を長持ちさせるために矯正 することにしました。

 

kyousei_shisyu-demon1-4-1.jpgkyousei_shisyu-demon1-4-2.jpg

 

Eさんのケース
歯の矯正中と矯正後のレントゲンです。歯の根の周りに白い骨が再生してきていることがわかると思います。(特に上の奥歯)

kyousei_shisyu-demon1-5.jpgEさんのケース
矯正開始11ヶ月後、矯正装置をはずした後の写真です。初診から15ヶ月の写真です。左上の一番奥の移植した歯もしっかり定着しています。(移植した後、矯正していた訳です。)おかげで、歯の数もそろっています。この患者さんは初診時40歳の女性です。入れ歯と、この状態では雲泥の差でしょう。 除菌ができたからこその結果であり、治療期間の短さと言えるケースでしょう。

 

 

◆ビムラー装置

kyousei_bimura1-1.jpgFさんのケース
矯正開始時、の状態です。

 

kyousei_bimura1-2.jpgFさんのケース
5ヵ月後の状態です。

 

 

◆床矯正①

kyousei_toko1.jpg床矯正の良い所は、あごの成長を促して歯が並ぶだけのスペースを作り出せるところです。6歳前後から開始できます。

 

kyousei_toko2.jpgCくんは上あごも、下あごも小さくて何もしなければ、こんな歯並びになっていたと思われます。

 

kyousei_toko3.jpg

 

kyousei_toko4.jpg

 

kyousei_toko5.jpgしかし、小学生の時から床矯正を始めていたので、永久歯に全て生え変わる時には、あごが成長してちゃんと並びました。

 

 

◆部分矯正(MTM)

kyousei_mtm2.jpgDさんは親知らずが横に寝ていて手前の歯は、虫歯で腐ってしまい、抜歯せざるを得ませんでした。このままでは、奥歯は、入れ歯か、インプラントになってしまいます。
そこで、横に寝た親知らずを、起こして使うことにしました。

 

kyousei_mtm1.jpg根がV字に開いてがっしりした、親知らずでしたが、なんとか起こして使うことができました。

住所

〒225-0005
神奈川県横浜市青葉区荏子田2-1-6 プラシード1F


TEL

045-902-4918


アクセス

たまプラーザ駅より東急バス
「荏子田2丁目」停留所
系統:『た-61』『た-62』

あざみ野駅より東急バス
「荏子田2丁目」停留所
系統:『た-63』

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
045-902-4918