h2_guide.jpg

横浜市青葉区荏子田の歯医者さん ひらやまデンタルクリニック 診療案内

 

義歯(入れ歯・デンチャー)

 
◇◆コンフォート義歯


220173.jpg 義歯の下の歯茎と接する部分を軟らかくて、丈夫なシリコンで覆った義歯です。通常の義歯では痛くて噛めない、という方でも痛くなく噛めるようになります。
 また、吸着もよくなるので外れにくくなります。コンフォート義歯を使っていると、よく噛めて、そのことで、 筋力が鍛えられるので、噛む力が従来の義歯で噛む力の1.5~2倍になるというデータも出ています。そのため、従来はシリコンの剥がれが、問題だったのですが、シリコンが新しくなってからは、弱点であった剥がれが極端に減少したので、噛むことによる義歯のレジンの破切の方が、問題となっており、料金はかさみますが、金属等での補強が推奨されるようになってきています。


◇◆スマイルデンチャー(入れ歯と判らない義歯)◆◇
   
 220173.jpgいわゆるノンクラスプ義歯といわれるものです。義歯の樹脂に柔軟性があるため、部分入れ歯の留め金部分が金属ではなく、ピンクの樹脂で歯茎の部分に設定できるので、入れ歯に見えないという利点があります。また、金属の留め金と違い、留め金をかける歯と留め金に当たる部分に隙間を作らなくても良いので、入れ歯と歯の間に食べかすが入りにくいという利点もあります。スマイルデンチャーは、特に柔軟性に富んでいるので、まず、割れることがありません。他のノンクラスプ義歯はリベースできる物もありますが、割れてしまうという欠点があるようです。
若くして義歯にせざるを得ない方や、入れ歯と気付かれたくないという方にお勧めです。
 
 
◇◆マグネット義歯◆◇
 
220173.jpg 歯が残り少なかったり、グラグラしていて普通の留め金で留めると、抜けてしまいそうな歯でも磁石を使えば歯が揺さぶられることが、少なくなり長く使えて、義歯もしっかり固定してくれます。また、噛む感覚というのは歯の根っこと、骨の間にある歯根膜がセンサーになっているのですが、例え、総入れ歯型の義歯でも、その下に歯の根っこが残っていて、その根っこに強力な磁石のアタッチメントを仕込むことで、自分の歯で噛む感覚もありますし、義歯自体も固定されて良く噛めるようになります。
 
 
 
 
◇◆トルティッシュ義歯◆◇
 
220173.jpg 料理の仕事をされていたりして、レジンの義歯や従来の金属床義歯では味が良くわからないという場合などに、上顎の口蓋部分にステンレスの非常に目の細かいメッシュを施した義歯です。メッシュなので液体を通すので、食べ物の味や温度を上顎でも感じ取ることができます。保険のレジンだと、のどの奥にいくまで食べ物の味どころか温度も感じ取れません。普通の金属床でも金属の味がしたりする場合があります。チタン床などは金属味は少ないと思いますが、上顎で味は感じられません。味覚を特に大事にされる方にお勧め致します。
 
 
◇◆フィンデンチャー◆◇
 
220173.jpg 歯茎の土手が非常にやせて、総義歯の吸着が悪い方にお勧めです。入れ歯の奥の方がヒレのように柔らかいシリコンになっているので、多少土手が動いてしまっても、吸着してくれるというものです。入れ歯の下も軟らかいシリコンなので力を入れてしっかり噛む事ができます。が、コンフォート義歯のシリコンと比べると耐久性は落ちます。

住所

〒225-0005
神奈川県横浜市青葉区荏子田2-1-6 プラシード1F


TEL

045-902-4918


アクセス

たまプラーザ駅より東急バス
「荏子田2丁目」停留所
系統:『た-61』『た-62』

あざみ野駅より東急バス
「荏子田2丁目」停留所
系統:『た-63』

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
045-902-4918